西原宏一の本 まるごと西原宏一本
『30年間勝ち続けたプロが教える シンプルFX』

好評発売中!

現在、アイネット証券とタイアップを実施中
口座開設+初回取引でシンプルFXをプレゼント!
特別特典付きタイアップ企画のお知らせ

西原宏一有料メルマガ1か月無料みんなのFX

現金JFX/ヒロセ通商/マネーパートナーズ

【現金+図書カード】FXブロードネット

【書籍など】アイネット証券(西原本)

毎週水曜日金曜日西原さんの相場観を公開中!

ギリシャの格付け「B/C」へ

こんばんは

S&Pがギリシャの格付を引き下げ、クレジットウォッチネガティブ継続の報道を

受け、ユーロの下落が加速しています。

急落時の1.43割れ手前で一度ショートポジションはスクエアに。今後の展開は

メルマガにて配信いたします。




本日はメルマガ読者の方より頂いたご質問にお答えします。

(質問A様)

西原さんは、得意とするトレドの方法(レンジブレーク、チャートパターン
の特定の物を探すなど)を、決められているのでしょうか?
長期や短期で変えたり、何種類ぐらいに絞っているのでしょうか?


(答え)


チャートの時間足を変えると、違った表情をしていますよね。
日足では、下落にみえますが、一時間足にするとまた違った方向性をしめしている
ようにみえます。

僕の場合ですと、例えばユーロドル、ドル円、豪ドル円の週足、日足、4時間足、
1時間あたりをチェックします。
今週でしたら、30分、15分あたりまでチェックしていました。

そして中期、短期、超短期の方向性と買われ過ぎ、売られ過ぎのポイントをチェックします。

こうすると、最初、中期では買いなんですが、短期では売りとなり、どうしていいのか
わからなくなりますよね。

その後、自分が今とろうとしているポジションはどの時間軸のチャートをみて
エントリーしているのかを明確にしています。

基本は日足です。

しかし、こういうふうに申し上げても、ピンとこないとおもわれますので、
トレード日記をつけられることが最も重要だと思います。

① 今日行ったトレード。
② その反省点。
③ それを明日のトレードにどういかすのか?

といった自分なりの日記をつけられるのが、ご自分の得意パターン、
不得意パターンを探るのに、なにものにも代え難い重要なデータになると考えています。

chart CQG
2011/05/09


posted by 西原 at 2011年05月09日| ご質問にお答えして | 更新情報をチェックする