【FX突撃取材!】9月2日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

こんにちは!助手の葉那子です。
有料メルマガ著作本が大人気の西原さんからもっと相場の情報を聞き出すために、週に2回、葉那子が西原さんに電話取材を実施中♪

私が西原さんから電話でお聞きした事を文字にして皆さんにお伝えします!!
原則、水曜日と金曜日の12時頃に記事をアップ予定です。

是非♪FXのトレードに活用して下さい。

~お知らせ~
【1】西原宏一の『有料メルマガ』は、
みんなのFXに口座開設+取引で、1ヶ月分の無料購読可能
【2】西原宏一著作本の『シンプルFX』は、
アイネット証券に口座開設+取引でもれなくプレゼント中

■□■9月2日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日1日(火)の為替市場では、ユーロが反落。一時1.2000ドルのバリアをブレイクし、1.2011ドルの高値まで到達。しかし、その後ECBのチーフエコノミストが「為替レート、目標ではないが重要」と口先介入ともとれるコメントをし、1.1900ドル台前半まであっさり反落。
ーーー以下、コメントーー
欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーでチーフエコノミストのフィリップ・レーン理事は、為替レートを金融政策の目標にしてはいないが、「ユーロ・ドルのレートは重要」だと、オンラインで行われたパネル討論会で語った。「ECBにはインフレに関する責務があり、欧州経済全体の動向に留意している」
ユーロ・ドルの為替レートに「ここ数週間である程度の水準訂正が起きているのを目の当たりにしている」
ユーロの回復力向上やユーロへの投資に関連するリスクの低下などが「重要な力」となっている。
ーーー
ただ下記のブレイナードFRB理事のコメントがドルの急反発を止めているともいえる。
ーーー
米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は昨日1日(火)、米経済が向こう数カ月に「かなりの不確実性」に直面すると述べ、新型コロナウイルス感染拡大からの米国の回復を支えるため金融当局と財政当局の両方からの支援継続を呼び掛けた。ブレイナード理事はブルッキングズ研究所が主催したバーチャル形式のイベントで、「財政支援は多くの家計や企業の維持に引き続き不可欠だろう」と語り、支援のタイミングと規模が見通しの「重要な要素」だと指摘。 「今後数カ月は、金融政策が安定から緩和的に転換することが重要になろう」と付け加えた(出所:ブルームバーグ)。ーーー

現在の為替相場の戦略やスタンス

大きな流れは変わらずドル安だが、前述のECBのチーフエコノミストのコメントでユーロ/米ドルの1.2000ドル超えはいったん失敗した形に。ユーロ/米ドルの1.2000ドル超えは一定の時間がかかりそうなので、対ドルでの豪ドルのロングはいったん全て利益確定しスクエアにして、豪ドル/円の押し目買いに変更したい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<豪ドル/円 日足チャート>
豪ドル/円日足
※クリックで拡大します

~お知らせ~
【1】西原宏一の『有料メルマガ』は、
みんなのFXに口座開設+取引で、1ヶ月分の無料購読可能
【2】西原宏一著作本の『シンプルFX』は、
アイネット証券に口座開設+取引でもれなくプレゼント中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする